今現役で活躍しているバンドでは、世界一のバンドといっても過言ではないU2の「Stuck in a Moment You Can't Get Out Of 」という曲を紹介します。この曲はベストアルバムにも収録されており、U2ファンなら絶対知ってる曲だと思います。

 

ただ、隠れた名曲とタイトルにしたのは、U2は世界的に人気が高く、売り上げ、ライブ動員数などでみても世界一のバンドであるにも関わらず、意外とこの曲なら誰でも知ってるような曲はなく(日本国内で)、洋楽ファンでもバンド名だけで、意外と彼らの曲を知らない人が多いと感じるからです。そこで今回は僕が特に好きな彼らの曲を紹介します。

 

では、簡単なバンド及び曲の紹介、最後には歌詞から英語フレーズの紹介をしていきたいと思います。



U2ってどんなバンド?


アイルランド出身バンドで、1976年に結成され、1980年にデビューアルバムを発売しました。このバンドのすごい所はデビューから40年近く経った今でも、一度もメンバーチェンジがなく、解散することなく活動を続けていることです。

 

多くのロックバンドは何らかの理由で、解散や活動休止し、それ以外は一度売れた後にヒット作に恵まれず、そのまま音楽業界からフェードアウトしていきます。なので。これだけ大きな成功を収めて、いまだにオリジナルメンバーで活動しているのは非常に稀です。それだけメンバーの絆が深いということですね。また、その関係性が良い曲作りにも反映されているのでしょう。

 

ちなみにグラミーはロックバンド最多の22回獲得しており、アメリカでの人気が非常に高いバンドです。「With Or Without You」などを含むアルバム「The Joshua Tree」がUSでヒットしたのが、世界的な人気に繋がりました。

 

 

「Stuck in a Moment You Can't Get Out Of 」ってどんな曲?

 

この曲は「All That You Can't Leave Behind」という2000年に発売されたアルバムの収録曲で、彼らのキャリアでは中期頃にあたる曲で、ボーカル・ボノがなくなった友人に捧げた曲だと云われています。ちなみにその友人というのは、オーストリアのバンドINXSのボーカル・マイケル・ハッチェンスです。

 

歌詞の内容は、タイトルの「お前は一時の感情から動けず、そこから抜け出せずにいる」と歌っていることから、悩んでいる友人に語り掛けるような曲となっています。今は大変かもしれないが、自分自身をしっかり持てと友人を慰めているように聞こえます。

 

最後には、「それは一瞬のことで、その内必ず過ぎ去っていくよ。」と歌って終わります。

 

ではフレーズ紹介に

 

 

フレーズ紹介

I'm not afraid of anything in this world 

「おれはこの世界の何も怖くない」

be afraid of で「~恐れる、怖いと思う」という意味になります。ちなみに肯定文で使われる場合はI'm afraid that~ で「残念だけど~だ」という意味で使われることもしばしばあります。丁寧に断るときに等に使えます。

 

You're stuck in a moment

「お前はその瞬間から抜け出せずにいる」

Be stuck inで「はまっている、抜け出せずにいる」という意味になり、なにかマイナス状況に陥っている場合に使われます。特に、交通渋滞から抜け出せないときによく使われます。

 

ここまでとなりますが、今回紹介した曲以外にもU2は良い曲が本当に多いので、またいくつか聞いてみてください。

 

僕のお薦めは「Sunday Bloody Sunday 」「With or Without you」「I Still Haven’t Found What I’m Looking for」等です。どれも定番の曲で、これぞU2という曲です。

おすすめ記事