今回は、日本ではあまり知られていないけどアメリカインディー界では密かに人気を集めるテッサ・バイオレットを紹介します。

 

密かといってもYoutubeのチャンネル登録者数が2019年2月時点でも150万を超えているので、すでにかなりの知名度かもしれませんが・・・

 

では、最初に彼女の紹介をしてから、「Crush」及びその歌詞からいくつか英語フレーズをシェアしていきたいと思います。



テッサ・バイオレットって

引用元:twitter.com

 

彼女はシンガーソングライターでありながら、Youtuberでもありミュージックビデオの製作まで行っています。

 

元々は高校のときに学校の企画で、ビデオブログを始めたのがきっかけとなり、そこから自分でミュージックビデオを作るようになり、また"Meekakitty"という名義で有名アーティストのPVを自作したりしていました。

 

今では、当たり前になったVlogというVideoとblogを掛け合わせた動画で日常を切り取るというスタイルは彼女が先駆者的存在になっています。

 

彼女の魅力とは?

 

いくつかミュージックビデオを見てもらえるわかると思いますが、彼女のMVは脱力感がありながらもどこか非日常を感じさせるありそうでなかった雰囲気があります。

 

ほとんどの歌詞が彼女の実体験を元に書かれており、リアリティを感じさせながらも映像の見せ方でコミカルな雰囲気を演出しています。

 

気取らない彼女のスタイルが多くの人から共感を得ているのではないでしょうか。

 

Crushってどんな曲?

この曲は彼女のメジャーファーストアルバム「Bad  Ideas」のファーストシングル曲として、2018年6月にリリースされました。

 

ちなみにデビューアルバムは彼女の意向から発売が延期されています。どうやら予定していたより多くの曲を追加してリリースすることになったようです。

 

この曲は、気になる男の子を想いながらも相手には平然とした態度とってしまったり、逆にSNSの投稿を全部みてるぐらいあなたのことをみてるのといったストーカー気質をみせたりと

 

人を好きになった時に、誰しもが体験したことがあるような少し恥ずかしい行動について書かれています。

 

 

ちなみに”crush”とは「好きな気持ち」という意味で、「誰かのことを好き」と言うときは"I have a crush on someone"という表現が一般的に使われています。

 

ここでの好きは"like"とは違い「恋愛関係における好意」のことのみを指します。

 

では、そろそろ歌詞からフレーズ紹介していきたいと思います。

I can't focus on what needs to get done
I'm on notice hoping that you don't run
You think I'm tepid but I'm misdiagnosed
'Cause I'm a stalker I seen all of your posts
Ah

And I'm just tryna play it cool now
But that's not what I wanna do now
And I'm not tryna be with you now, you now

You make it difficult to not overthink
And when I'm with you I turn all shades of pink
I wanna touch you but don't wanna be weird
It's such a rush, I'm thinking wish you were here
Ah

And I'm just tryna play it cool now
But that's not what I wanna do now
And I'm not tryna be with you now, you now

But I could be your crush, like
Throw you for a rush, like
Hoping you'd text me so I could tell you I been thinking 'bout your touch like
Touch, touch, touch, touch, touch
I could be your crush, crush, crush, crush, crush
I got a fascination with your presentation
Making me feel like you are my island, you're my permanent vacation
Touch, touch, touch, touch, touch
I could be your crush, crush, crush, crush, crush
Sorry

I fill my calendar with stuff I can do
Maybe if I'm busy it could keep me from you
And I'm pretending you ain't been on my mind
But I took an interest in the things that you like
Ah

And I'm just tryna play it cool now
But that's not what I wanna do now
And I'm not tryna be with you now, you now

But I could be your crush, like
Throw you for a rush, like
Hoping you'd text me so I could tell you I been thinking about your touch like
Touch, touch, touch, touch, touch
I could be your crush, crush, crush, crush, crush
I got a fascination with your presentation
Making me feel like you are my island, you're my permanent vacation
Touch, touch, touch, touch, touch
I could be your crush, crush, crush, crush, crush

And yeah it's true that I'm a little bit intense, right
But can you blame me when you keep me on the fence, like
And I've been waiting, hoping that you'd wanna text, like
Text like
("It's what I was born to do")
And yeah it's true that I'm a little bit intense, right
But can you blame me when you keep me on the fence, like
And I've been waiting, hoping that you'd wanna text, like
Text like
[*whistling*]
Ugh

And I'm just tryna play it cool now
But that's not what I wanna do now
And I'm not tryna be with you now, you now

But I could be your crush, like
Throw you for a rush, like
Hoping you'd text me so I could tell you I been thinking 'bout your touch like
Touch, touch, touch, touch, touch
I could be your crush, crush, crush, crush, crush
I got a fascination with your presentation
Making me feel like you are my island, you're my permanent vacation
Touch, touch, touch, touch, touch
I could be your crush, crush, crush, crush, crush

Sorry

作詞:Tessa Violet

フレーズ紹介

I'm just tryna play it cool now

「私はただ平然を装っているだけのなの」

先ほども少し触れた「平然を装う」というのは、英語では"play it cool"になります。また、"tryna"とは"trying toの省略形"となります。

 

"going to"が"gonna"と省略されるのと同じルールが適用されています。

 

 

I took an interest in the things that you like

「あなたが好きなことが気になるの」

take an interest in で「~に興味がある」という意味になります。興味があると言う時は、多くの人が"be interested in"を使っていると思いますが、こちらも同じような意味で使えるので、ぜひ会話の引き出しを増やすためにも使ってみてください。

 

今回はここまでとなります。

おすすめ記事