サイモン&ガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」を紹介します。今の若い人たちには、そこまで馴染みがないアーティストかもしれませんが、60~70年代に世界中で絶大な人気があったフォークデュオです。

 

当時は日本でも人気が高く、ビートルズやカーペンターズと並ぶほどの人気があったようです。普段そこまで音楽を聴かない僕の祖母でさえ、彼らの音楽は絶賛するほどです。

 

では、簡単に彼らの紹介をしてから、曲の紹介と英語フレーズをシェアしていきたいと思います。



サイモン&ガーファンクルって?

引用元:www.hollywoodreporter.com

冒頭でも少し触れたように、彼らはアメリカ出身のフォークデュオになります。1964年にデビューし、1970年までの6年間活動していました。ビートルズの活動期間が62~68年ということを考えるとほぼ同時期のアーティストといえます。

 

彼らは日本の音楽にも多大な影響を与えており、日本のフォークブームは彼らとフォークの神様ボブ・ディランがいなければ存在しなかったのは間違いありません。

 

今では日本でも当たり前のようにあるフォークの二人組というスタイルは、彼らのスタイルから生まれたというのも言うまでもないと思います。

 

そして、彼らの特徴はなんていっても、やさしいギターのサウンドに天使のような歌声です。また、なんとも哀愁のあるメロディー。自然と心に馴染むサウンドになっています。

 

代表曲は今回は紹介する「ミセス・ロビンソン」以外にも、「明日に架ける橋」や「コンドルは飛んで行く」などがあります。

ミセス・ロビンソンってどんな曲?

この曲は、元々1967年に公開された映画「卒業」で使用された曲で、その後彼らの4枚目のアルバム「ブックエンド」にも収録されました。

 

彼らの数あるヒット曲なかでも、人気、セールス面ともに高い曲となっています。

 

ちなみに、曲名の由来は映画の登場人物であるロビンソン夫人からきています。

 

では、歌詞から英語フレーズを見ていきましょう。

And here's to you, Mrs. Robinson
Jesus loves you more than you will know, wo wo wo
God bless you please, Mrs. Robinson
Heaven holds a place for those who pray, hey hey hey
Hey hey hey

We'd like to know a little bit about you for our files
We'd like to help you learn to help yourself
Look around you, all you see are sympathetic eyes
Stroll around the grounds until you feel at home

And here's to you, Mrs. Robinson
Jesus loves you more than you will know, wo wo wo
God bless you please, Mrs. Robinson
Heaven holds a place for those who pray, hey hey hey
Hey hey hey

Hide it in a hiding place where no one ever goes
Put it in your pantry with your cupcakes
It's a little secret, just the Robinsons' affair
Most of all, you've got to hide it from the kids

Coo coo ca-choo, Mrs. Robinson
Jesus loves you more than you will know, wo wo wo
God bless you please, Mrs. Robinson
Heaven holds a place for those who pray, hey hey hey
Hey hey hey

Sitting on a sofa on a Sunday afternoon
Going to the candidates' debate
Laugh about it, shout about it
When you've got to choose
Every way you look at it you lose

Where have you gone, Joe DiMaggio?
A nation turns its lonely eyes to you, wo wo wo
What's that you say, Mrs. Robinson
'Joltin Joe' has left and gone away, hey hey hey
Hey hey hey

作詞:SIMON PAUL

フレーズ紹介

God bless you please

「どうか幸運を」

"God bless you"で「神にご加護を」という意味で、相手に幸運を祈るときに使えます。また、アメリカではくしゃみをした後に、相手を気遣って"Bless you"ということがよくあります。

 

All you see are sympathetic eyes

「みんな温かい目で見てるのがわかるでしょう」

sympathetic eyes”で「同情の目」という意味になります。日本語の同情というと少し蔑んだネガティブなイメージもありますが、このフレーズにはそのようなニュアンスは特に含まれていません。なので、温かい目という訳にしてみました。

 

 

では、今回はここまでとなります。

関連キーワード
おすすめ記事