今回はクイーンの「Somebody To Love」を紹介します。この曲はベストにも収録されており、クイーンの代表曲ですが、「Bohemian Rhapsody 」「Don't Stop Me Now」「We Are The Champion」などの曲と比べると知名度が低いのは否めません。

 

ただ、上記の曲にも劣らない名曲です。では、その魅力をカバー曲を通してお伝えして、最後には歌詞から英語フレーズも紹介していきます。



Somebody To Loveってどんな曲?


この曲はクイーンの5枚目のアルバム「華麗なるレース (A Day at the Races) 」からのシングル曲です。邦題は「愛にすべてを」となっています。

 

クイーンのお家芸である多重コーラスがふんだんに使われおり、またコーラスからフレディーのピアノという流れはいかにもクイーンらしい曲だと思います。

 

クイーンといえばオペラをイメージする人が多いと思いますが、むしろこの曲のようにゴスペルチックな曲が多い気がします。

 

曲の内容は、日々つらい生活を送る中で「誰かおれを愛してくれる人はいないか」と歌っている曲で、どこかフレディーの満たされない心を表している曲ではないでしょうか。

 

 

カバー曲がフレディーを超えている

 

クイーンの曲の魅力を語ると言っておいてカバー曲を紹介するのは、邪道かもしれませんが、今から紹介するカバーははっきりいってフレディーを超えています。勿論、フレディーは唯一無二の存在だと思いますし、異論は受け付けます。

 

そのカバーはワムのボーカル・ジョージマイケルによるものです。「ラストクリスマス」で有名なあのワムです。彼はこの曲をフレディーの追悼コンサートでクイーンの残されたメンバーと共に披露しました。

 

彼のカバーはもはやカバーではなく彼の曲となっています。メンバーのロジャー・テイラーも「クイーンのカバーでこれ以上はない」と言っていた程です。

 

ちなみにその動画はクイーンのYoutubeの公式チャンネルからアップされているぐらいなので、他のメンバーもクオリティの高さを認めているということでしょう。

 

その曲が披露されてから、あまりの完成度の高さから、クイーンへのメンバー入りが噂されたほどです。長々話すのもあれなので、早速聞いてみてください。

 

 

どうですか、このクオリティの高さ。もちろんこの曲を作ったのは紛れもなくフレディーなので、彼のソングライティング能力の高さには驚かされるのですが、本当にこのカバーは素晴らしいです。

 

この追悼コンサートではフレディーが最も尊敬していたレッド・ツェッペリン (正しい英語発音はスペル通りゼェッペリン)のロバート・プラントやメタリカなどの大物アーティストが出演しましたが、どのカバーもこの曲には到底及ばないクオリティです。

 

意外なところでは女優のアン・ハサウェイも映画の中で、この曲をカバーしています。普通に上手いです。まさに天は二物を与えています。

 

 

ちなみにこれは「アン・ハサウェイ 魔法の国のプリンセス」のシーンになります。

 

では、最後に歌詞からフレーズを紹介していきます。

Can anybody find me somebody to love?

Each morning I get up I die a little
Can barely stand on my feet
(take a look at yourself)
Take a look in the mirror and cry
Lord, what you're doing to me

I have spent all my years in believing you
But I just can't get no relief, Lord!
Somebody (somebody), somebody (somebody)
Can anybody find me somebody to love?

I work hard (he works hard) every day of my life
I work 'til I ache my bones
At the end (at the end of the day) I take home (takes home) my hard-earned pay all
(goes home on his own) on my own

I go down (down) on my knees (knees)
And I start to pray (praise the Lord)
'Til the tears run down from my eyes
Lord, somebody (somebody), somebody (please)
Can anybody find me somebody to love?

(he works hard) everyday (everyday)
I try, and I try, and I try

But everybody wants to put me down
They say I'm goin' crazy
They say I got a lot of water in my brain
I got no common sense (he's got)
I got nobody left to believe in
Yeah, yeah, yeah, yeah

Oh, Lord
Somebody (somebody), somebody (somebody)
Can anybody find me somebody to love?
(Can anybody find me someone to love)

Got no feel, I got no rhythm
I just keep losing my beat (you just keep losing and losing)
I'm OK, I'm alright (he's alright, he's alright)
I ain't gonna face no defeat
I just gotta get out of this prison cell
One day (someday) I'm gonna be free, Lord!

(Find me somebody to love)
(Find me somebody to love)
(Find me somebody to love)
(Find me somebody to love)
Find me, find me
(Find me somebody to love)
Find
(Find me somebody to love)
(Find me somebody to love, love, love)
Find me, find me
(Find me somebody to love)
Somebody to love
(Find me somebody to love)
(Somebody, somebody, somebody, somebody)
(Somebody find me, somebody find me somebody to love)

Can anybody find me somebody to love?

(Find me somebody to love)
(Find me somebody to love)
Find me, somebody, somebody
(Find me somebody to love)
Somebody, somebody to love
(Find me somebody to love)
Find me, find me, find me, find me, find me
(Find me somebody to love)
Ooh, somebody to love
(Find me somebody to love)
Find me, find me, find me somebody to love
(Find me somebody to love)
Anybody, anywhere, anybody, find me somebody to love
Love, love, love, love
Find me, find me, find me, yeah

作詞:MERCURY FREDERICK

フレーズ紹介

I just can't get no relief, Lord!

「神様!おれは何も安心できるのものがないんだ」

reliefは「安心」というになります。この文は2重否定が使われています。本来は間違いですが、一部イギリス英語ではよく使われる用法で、2重否定だからといって肯定の意味にはならないので注意してください。

 

この用法については、以前に紹介したローリング・ストーンズの曲 "(I can’t get no) Satisfaction" でも触れています。よかったら、そちらもチェックしてみてください。

 

got no common sense

「おれには常識がない」

この文では、前文から続いている主語のIは省略されています。また、common senceで「常識」という意味になります。比較的有名だと思いますが、知らないと意外と意味がわかりにくいと思います。

 

 

今回はここまでとなります。別記事で、「We Will Rock You」「愛という名の欲望」「炎のロックンロール」「Under Pressure」「Radio Ga Ga」「Killer Queen」などの曲も紹介していますので、良かったらそちらもどうぞ。

関連キーワード
おすすめ記事