今回はクイーンの「Fat Bottomed Girls」を紹介します。この曲を元々知っている方で、このタイトルの意味を考えたことはありますか。もしくは、どういう意味だと思いますか?

 

太った?底の?女の子たち?冷静に見てみると、なかなか強烈な曲名になっているのではないでしょうか。



Fat Bottomed Girlsってどんな曲?

 

この曲は、1978年に"Bicycle Race"との両A面で発売されたシングルで、アルバム「ジャズ」に収録された曲です。作詞作曲はギターブライアン・メイ。

 

冒頭でも少し触れましたが、この曲名はどういう意味なのでしょうか。

 

Fat(太った) Bottomed(お尻をした) Girls(女の子たち)

 

よく言えばふくよかな女の子ともいえますが、デブ女というニュアンスが自然だと思います。

 

ファンなら知っておきたいウンチク情報
上記両A面2曲の歌詞中でそれぞれ対の曲について触れられています。
/Bicycle Race
"Fat bottomed girls,They'll be riding today"「デブの女たちが今日も乗ってくるぞ」
/Fat Bottomed Girls
”Get on your bikes and ride”「自転車に乗れ」

 

実は児童虐待の話?

 

この曲は、一見ポッチャリ女は魅力的だ(美人は3日で飽きるがブスは3日で慣れる的な)ということは歌っているように見えますが、実際は、主人公がベビーシッターから性的な虐待を受けていたことにより歪んだ性癖を持っていたのではないかという解釈があります。

 

以下の歌詞からその真意を見ていきましょう。

"She was such a naughty nanny"

「彼女はとてもふしだらなナニーだった」

 

Nanny (ナニー)とは「子守、ベビーシッター」という意味で、主人公が幼い頃に面倒を見ていた女性のことを指しています。その後の歌詞で、”彼女はおれを悪い男にさせた”とあり、その経験から歪んだ女性の好みが生まれたのではないかという解釈です。

 

ちなみに、そのナニーが大きなお尻をしていたことは言及されており、仮に虐待がなかったとしても、このナニーとの過ごした時期に彼は何かしらの影響を受けたのは間違いないでしょう。

 

では、そろそろ歌詞から他のフレーズも紹介していきます。

Oh you gonna take me home tonight
Oh down beside that red fire light
Oh you gonna let it all hang out
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round

Hey I was just a skinny lad
Never knew no good from bad
But I knew love before I left my nursery
Left alone with big fat Fanny
She was such a naughty nanny
Heap big woman, you made a bad boy out of me

Hey hey!

I've been singing with my band
Across the water, across the land
I've seen every blue eyed floozy on the way (hey)
But their beauty and their style
Went kind of smooth after a while
Take me to them naughty ladies every time

C'mon!

Oh, won't you take me home tonight?
Oh, down beside your red fire light
Oh, and you give it all you got
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round

Hey, listen here
Now I got mortgages and homes
I got stiffness in the bones
Ain't no beauty queens in this locality (I tell you)
Oh, but I still get my pleasure
Still get my greatest treasure
Heap big woman you done made a big man of me (now get this)

Oh (I know), you gonna take me home tonight (please)
Oh, down beside that red fire light
Oh, you gonna let it all hang out
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round (yeah)
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round

Get on your bikes and ride

Ooh, yeah, oh, yeah, them fat-bottomed girls
Fat-bottomed girls, yeah, yeah, yeah,
All right
Ride 'em cowboy
Fat-bottomed girls
Yes, yes, right.

作詞:BRIAN MAY

フレーズ紹介

You make the rockin' world go round

「デブな女が世界を回している」

go roundで「回る」という意味で、直訳すれば「あなたが世界を回している」となります。主人公にとって、そういった女がそれだけ病みつきになっているということではないでしょうか。

 

I was just a skinny lad

「おれはひょろっこのガキだった」

skinnyで「ガリガリ、痩せている」という意味で、日本語でもスキニーといいますが、英語ではネガティブな意味が強いです。良い意味で「細い」と言いたければ"slender"がいいと思います。ladは「少年やガキ」という意味になります。

 

今回はここまでとなります。別記事で、「We Will Rock Youボヘミアン・ラプソディ」「You're My Best Friend」「Radio Ga Ga」「Killer Queen」「Don't Stop Me Now」などの曲も紹介していますので、良かったらそちらもどうぞ。

関連キーワード
おすすめ記事