今回はクイーン「地獄へ道連れ」という曲を紹介します。ところで皆さんは、英語の曲のタイトル”Another One Bites The Dust”を知っていましたか。逆に、一部の方は邦題の方を知らないかもしれませんね。

 

そこで、タイトルの意味と邦題「地獄へ道連れ」が名付けられた意図を紹介していきます。最後にはいつも通り歌詞から英語フレーズを紹介します。



「Another One Bites The Dust」ってどういう曲?

この曲はベースのジョン・ディーコンによって作られた曲で、ソウルやファンクといったブラックミュージックから強い影響を受けた曲になっています。

 

この曲はビルボードチャートで1位を獲得しており、名曲「ボヘミアン・ラプソディ」よりも高いセールスを記録しています。

 

さて、このタイトルとはどういう意味なのでしょうか。直訳すると「また一人ホコリを噛む」となります。ホコリを噛む?とは一体どういうことなのでしょうか。

 

実は"bite the dust"には、「敗北する、壊れる」といった意味があります。甲子園球児が試合に負けて甲子園の土を持って帰ることをイメージすれば、なんとなく理解しやすいのではないでしょうか。

 

なので、この曲の意味としては「また一人倒れた」というような意味になります。そこから死 (地獄) を連想させるため、「地獄へ道連れ」というタイトルが付けられたのではないでしょうか。

 

マイケル・ジャクソンの曲になる予定だった?

 

この曲は、クイーンのメンバーによって作られた曲ですが、元々は当時彼らが仲良くしていたマイケル・ジャクソンに提供される予定でした。

 

ただ、マイケルは「この曲はクイーンが演奏すべきだ」と言ってその提案を断り、最終的にクイーンのシングルとして発売されました。

 

そして結果的に大ヒットし、彼らの代表曲となりました。

 

ただ、マイケルが歌う「地獄へ道連れ」も聴いてみたかった気もしてしまいます。

 

では、歌詞からフレーズをいくつか紹介していきます。

Steve walks warily down the street
With the brim pulled way down low
Ain't no sound but the sound of his feet
Machine guns ready to go

Are you ready, hey, are you ready for this?
Are you hanging on the edge of your seat?
Out of the doorway the bullets rip
To the sound of the beat

Another one bites the dust
Another one bites the dust
And another one gone, and another one gone
Another one bites the dust
Hey, I'm gonna get you, too
Another one bites the dust

How do you think I'm gonna get along
Without you when you're gone?
You took me for everything that I had
And kicked me out on my own

Are you happy, are you satisfied?
How long can you stand the heat?
Out of the doorway the bullets rip
To the sound of the beat

Another one bites the dust
Another one bites the dust
And another one gone, and another one gone
Another one bites the dust
Hey, I'm gonna get you, too
Another one bites the dust

Oh, take it
Bite the dust
Bite the dust

Another one bites the dust
Another one bites the dust
Another one bites the dust
Another one bites the dust

There are plenty of ways that you can hurt a man
And bring him to the ground
You can beat him, you can cheat him
You can treat him bad and leave him when he's down

But I'm ready, yes, I'm ready for you
I'm standing on my own two feet
Out of the doorway the bullets rip
Repeating to the sound of the beat

Another one bites the dust
Another one bites the dust
And another one gone, and another one gone
Another one bites the dust
Hey, I'm gonna get you, too
Another one bites the dust

Shooter
Alright

作詞: John Deacon



フレーズ紹介

(You) kicked me out on my own

「お前はおれを追い出して、一人っきりした」

Kick outで「追い出す」という意味になります。文字どおり「蹴り出す」というニュアンスから来ています。またon my own「一人っきり」といった意味になります。

 

I'm standing on my own two feet

「おれは自分の足で立っている」

この文で使われている"on my own"は先ほどの文と異なり「自力で」 という意味になりby myselfと同じような意味になります。

 

今回は、ここまでとなります。他にもクイーンの曲で「You're My Best Friend」「The Show Must Go On」「Hammer to Fall」「 Somebody to Love」「Under Pressure」「Killer Queen」などについても書いているので、よかったらそちらもどうぞ。

おすすめ記事