今回はレディーガガ主演の「アリー/スター誕生」から「Look what I found」という曲を紹介し、また歌詞から使える英語フレーズをシェアしたいと思います。




「Look what I found」ってどんな曲?

とてもキャッチーなソングで、バラードでありながらリズミカルなサウンドになっています。今までのレディーガガから想像できないような楽曲になっています。

 

ゴスペル風ジャズといった感じで、シンプルなイントロかと思えば、徐々に管楽器のサウンドが顔を出し、色彩豊かな曲となっています。どこかスティービー・ワンダーなどのモータウンサウンドの影響を感じます。

 

歌詞の内容としては、ひとりで立ち直れずに、生活を過ごしている中であるときに最愛の人に出会い、それに舞い上がりその気持ちを抑えれないといった感じの曲となっています。曲名にも含まれている"What I found"「私が見つけたもの」は最愛の人を指しています。

 

ちなみに、ここで使われている"Look"「見て」というより「ちょっと聞いてよ」といったニュアンスになります。以前「あのさーって英語で?」という記事でLookの細かいニュアンスついて書いているので、良かったらそちらもどうぞ。

 

ではフレーズの紹介にいきたいと思います。

 

 

英語フレーズ紹介

I'm out on the town

「夜な夜な街に繰り出す」

be out on the townで「夜遊びを楽しむ」という意味があります。ただ、この前で歌詞で「一人で家にいる」と歌っていることから、気持ちに切り替えるために夜の街に繰り出したのだと思います。

 

I can’t get back up on my feet

「一人で立ち上がることができない」

ここで、似た表現で「get back on one's feet」というがイディオムがあり、これも「立ち直る」という意味があり、よく使われます。ここであえて立ち上がれないことを強調するために up が使われているのだと思います。

 

I was blown to pieces

「私は粉々の状態だった」

be blown to piecesで「木っ端微塵にされる」という意味で、この歌詞で女性の心情を表しています。その後、出会った人がそこ粉々になった心のかけらを元に戻してくれたと歌っています。

 

We got something here

「すごいものゲットできたね」

これは、曲の最後セリフになります。皆さん、somethingには「何か」という意味以外にもうひとつ意味があるのは知っていましたか。

 

実は「すごいもの」という意味があります。同じようにsomeoneにも「すごい人」という意味があります。これらは意外と知られていませんが、かなり使われています。

 

おそらく多くの人がこれらの単語を見ても「何か」「誰か」という意味だと思いスルーされています。意外と英語中級者の方でも、抜けていたりします。

 

 

では、今回はここまでとなります。ちなみに以前、この映画の主題歌「Shallow」について、また「I’ll Never Love Again」についても書いているので、そちらも良かったらチェックしてみてください。

関連キーワード
おすすめ記事