今回はケイティ・ぺリーの「Roar」を紹介したいと思います。最近の日本では洋楽女性ポップアーティストといえば、まず最初にテイラー・スウィフトの名前が挙がると思いますが、世界的な人気はケイティも負けてはいません。

 

彼女は2015年には世界で一番稼ぐアーティストになり、またツイッターのフォロワー数は1億人を超えており、これも世界最多となっています。では、彼女についてもう少し触れながら、最後には「Roar」の歌詞から英語フレーズも紹介します。



ケイティ・ペリーって?

アメリカの女性シンガーソングライターで、デビューは早く2001年でわずか18歳の時です。幼少期は教会で歌を歌っており、ゴスペル音楽に精通していました。

 

15歳の時に、クイーン「キラークイーン」に衝撃を受け、そこから音楽の道を目指すようになりました。また、アメリカの古き良きバンド「ビーチボーイズ」からも影響受けており、「ペットサウンズ」は彼女のお気に入りと語っています。

 

その後、2010年にリリースした3枚目のアルバム「ティーンエイジ・ドリーム」が世界中でヒットし、アメリカやイギリスでチャート1位を獲得しました。日本でもオリコンチャート6位を記録し、このアルバムで世界にケイティペリーの名を轟かせました。

 

Roarってどんな曲?

 

4枚目のアルバム「プリズム」のリードシングルとして発売された曲で、多くの国アメリカやイギリスのみならず世界の多くの国で大ヒットし、「Roar」は彼女の一番の人気曲になりました。また、売り上げだけでなく、ローリングストーン誌や音楽評論家からポップソングとして高い評価を受けました。

 

曲の内容は、周りの人の機嫌を伺いながら、自分を抑えて生きてきたけど、今では蝶が羽ばたくように自由に生きているわ、と歌っている曲です。タイトルの「Roar」は「ほえる」という意味で、この歌詞では思ったことを、ありのまま発言していくということを意味してると思います。

 

少し脱線ですが、サビで「I got the eye of the tiger」「虎の目を持っている」という歌詞があるのですが、タイガーは強さの象徴としてよく使われる英単語だと思います。

 

英語の曲でも、ぱっと思いつくだけでもクイーンの「Don't stop me now」やエリッククラプトンが在籍したクリームの「White room」など名曲の歌詞でも"Tiger"という単語がよく使われています。

 

では、「Roar」の歌詞からフレーズを紹介していきます。

I used to bite my tongue and hold my breath
Scared to rock the boat and make a mess
So I sit quietly, agree politely
I guess that I forgot I had a choice
I let you push me past the breaking point
I stood for nothing, so I fell for everything

You held me down, but I got up (HEY!)
Already brushing off the dust
You hear my voice, you hear that sound
Like thunder gonna shake the ground
You held me down, but I got up (HEY!)
Get ready 'cause I've had enough
I see it all, I see it now

I got the eye of the tiger, a fighter, dancing through the fire
'Cause I am a champion and you're gonna hear me roar
Louder, louder than a lion
'Cause I am a champion and you're gonna hear me roar
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
You're gonna hear me roar

Now I'm floating like a butterfly
Stinging like a bee I earned my stripes
I went from zero, to my own hero

You held me down, but I got up (HEY!)
Already brushing off the dust
You hear my voice, you hear that sound
Like thunder gonna shake the ground
You held me down, but I got up (HEY!)
Get ready 'cause I've had enough
I see it all, I see it now

I got the eye of the tiger, a fighter, dancing through the fire
'Cause I am a champion and you're gonna hear me roar
Louder, louder than a lion
'Cause I am a champion and you're gonna hear me roar
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
(You're gonna hear me roar)
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
(You'll hear me roar)
Oh oh oh oh oh oh oh
You're gonna hear me roar...

Ro-oar, ro-oar, ro-oar, ro-oar, ro-oar

I got the eye of the tiger, a fighter, dancing through the fire
'Cause I am a champion and you're gonna hear me roar
Louder, louder than a lion
'Cause I am a champion and you're gonna hear me roar
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
(You're gonna hear me roar)
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
(You'll hear me roar)
Oh oh oh oh oh oh oh
You're gonna hear me roar...

作詞:GOTTWALD LUKASZ, HUDSON KATHERYN ELIZABETH

フレーズ紹介

Scared to rock the boat

「波風を立てるのが怖い」

まずbe scared「怖がる」という意味で、歌詞ではbe動詞が省略されています。ただ、注目してほしいのは「rock the boat」という表現で、これは「波風を立てる、事を荒立てる」という意味があります。

 

I let you push me past the breaking point

「我慢の限界を超えるようなことも見過ごしてきた」

breaking pointで「限界点」という意味で、何か我慢の限界を表しています。これは心理的にも物理的に使えます。

 

make a mess

「台無しにする」

これは他にも「散らかす」という意味があります。形容詞のmessyは部屋等が「散らっている」という意味でよく使われます。

 

I earned my stripes

「私は成長した」

earn one's stripesで「昇級する」という意味で、stripesは軍服の縞を指しています。この歌詞では、今まで自分とは違い多くの人から認められるようになったことをいってます。

 

 

今回はここまでとなります。

おすすめ記事