今回は、ブルーノマーズの

「The Lazy Song」

からいくつか英語フレーズを紹介します。




Lady Songから学ぶ英語

 

タイトルから(Lazy=だらけた)もわかるように

自由気ままに過ごす日について歌っています。

 

”I don't feel like doing anything”

「何もしたくない気分だ」

 

feel like ~ing で「~したい気分だ」という意味になります。ここでは否定形として使われています。

 

”Leave a message at the tone”

「留守電にメッセージを残して」

ここでは at the tone を単に留守電と訳しましたが、

the toneというのは日本語でいうピーという音です。

留守電の メッセージで「ピーという音の後に~」っていいますよね。それです。

 

 

「today I swear I'm not doing anything」

「今日は絶対に何もやらない」

 

I swaer~=絶対に~だ、誓う

これは誓うと訳するよりも、絶対○○だ!みたいな訳がしっくり来る場合が多いです。

何か疑われたときにも、よく使う気がします。

 

A:Did you sleep with my girifriend? おれの彼女と寝た?

B:NO, I swear I didn't いや絶対に寝てないから!

 

未来を表す英語表現

 

あと上の文(today ~)では、I'm not doingと現在進行形のような形になっていますが

この形は、ほとんど進行形ではなく未来を表すことが多いです。

 

勿論、時制を表すものがないもしくは、right nowとかがあれば現在進行形になりますが

todayやtonight,this weekendなどの言葉があれば、すべて未来のことを指します。

 

日本ではbe ~ing =現在進行形としか習わなかった気がしますが、

未来を表す表現としては、will やbe going toと変わらないぐらいの頻度で

使われているので、時制には注意しましょう。

 

 

否定するときに使える表現

 

・Nothing at all「何にもない」

at all があることで、ないということがより強調されています。

また、これは前のnot doing anythnigを受けて、nothingとなっていますが

会話でよく使われるのは

・Not at all「全然(ない)」

何か質問されたときに、「全然違う」とか「全くやらない」という風に

強めに何かを否定するときに使えます。

 

ちなみに発音は

のっだぁっだろー

といった感じです。

 

コツは、一つ目のTの音はDに近い音で発音し、3つの単語をバラバラに発音するのではなく、まとめて発音する意識で。

 

今回はここまでになります。