ブリング・ミー・ザ・ホライズンの「Medicine」を紹介します。2019年のサマソニ出演も決定し、今飛ぶ鳥を落とす勢いの彼ら自身についても触れながら、曲及び歌詞から英語フレーズを紹介していきます。



ブリング・ミー・ホライズンってどんなバンド?

引用元:GRAMMY.com

イギリス・シェフィールド出身で2004年に結成されたバンド。同郷の出身バンドにはアークティック・モンキーズがいます。

 

このバンドの特徴はアルバムを出す度に、異なるサウンドになっています。初期の頃はデスメタルにかなり傾倒していましたが、徐々にそのサウンドは鳴りひそめ、デジタル要素、オルタナティブロックロックなど様々な要素を取り入れています。

 

爆発的なヒットがない中で、ここまでスタイルを変えながら売れていくバンドはかなり珍しいのではないかと思います。たいていの場合は、一度あるジャンルで売れてから新しいジャンルに方向性を見い出していきます。

 

今では。イギリスのみならず、ヨーロッパやアメリカで若者に絶大な人気を誇るバンドに成長しました。

Medicineってどんな曲?

彼らの6枚目のアルバム「Amo」に収録された曲になります。この曲は、ボーカルのオリヴァー・サイクスが2016年に離婚した元妻ハンナについて書いた曲だと言われています。

 

オリヴァーは自身直接そのことに関しては触れていませんが、このアルバムをリリースする前に、次のアルバムでは失恋がテーマになる趣旨のコメントをしています。

 

曲の内容としては、浮気をして彼を欺こうとしてる妻にうんざりしているというものになります。

 

サウンドは、デスメタルはおろかロックバンドとも思えないものになっており、流行りを意識したエレクトロなものになっています。どこか、ジャスティン・ビーバーのサウンドに近いものを感じました。

 

では、歌詞からフレーズを見ていきましょう。

Some people are a lot like clouds, you know
(Clouds, you know; clouds, you know)
'Cause life's so much brighter when they go
You rained on my heart for far too long (Far too long)
Couldn't see the thunder for the storm
Because I cut my teeth and bit my tongue
Till my mouth was dripping blood
But I never dished the dirt, just held my breath
While you dragged me through the mud
I don't know why I tried to save you 'cause
I can't save you from yourself
When all you give a shit about is everybody else

And you just can't quit, why don't you deal with it?
I think it's time to stop

You need a taste of your own medicine
'Cause I'm sick to death of swallowing
Watch me take the wheel like you, not feel like you
Act like nothing's real like you
So, I'm sorry for this
It might sting a bit

Some people are a lot like clouds, you know
(Clouds, you know; clouds, you know)
'Cause life's so much brighter when they go
And I spent too long in a place I don't belong
I couldn't see the thunder for the storm

But you won't admit, why don't you get a grip?
'Cause you can't keep going on and on and on and on like this
And you just can't quit, why don't you deal with it?
I think it's time to stop

You need a taste of your own medicine
'Cause I'm sick to death of swallowing
Watch me take the wheel like you, not feel like you
Act like nothing's real like you
So, I'm sorry for this
It might sting a bit

'Cause I cut my teeth and bit my tongue
Till my mouth was dripping blood
But I never dished the dirt, just held my breath
While you dragged me through the mud
Yeah, I cut my teeth and bit my tongue
Till my mouth was dripping blood
But I never dished the dirt, just held my breath
While you dragged me through the mud

And you just can't quit, why don't you deal with it?
I think it's time to stop

You need a taste of your own medicine
'Cause I'm sick to death of swallowing
Watch me take the wheel like you, not feel like you
Act like nothing's real like you
So, I'm sorry for this
It might sting a bit
Taste of your own medicine (Taste of your own medicine)
Yeah, I'm sick to death of swallowing (Sick to death, wow)
Watch me take the wheel like you, not feel like you
Act like nothing's real like you
So, I'm sorry for this
It might sting a bit

Some people are a lot like clouds, you know
(Clouds, you know; clouds, you know)
'Cause life's so much brighter when they go

作詞: jordan fish, lee malia, matthew kean, matthew nicholls, oliver sykes

フレーズ紹介

Because I cut my teeth and bit my tongue

「だっておれは色々経験して、我慢してきた」

"cut my teeth"で「経験を得る、歯が生える」という意味になります。

"bite(bit) my tongue"で「我慢する」という意味になります。

 

これらの文の後には、口から血が出るまでという歌詞が続くので、おそらく文字通りの意味とイディオムとしての意味が2重にかかっていると思います。

 

But I never dished the dirt

「でも、おれは絶対にうわさ話なんかしなかった」

"dish the dirt"で「うわさ話をする」という意味になります。これは、元妻のことを指している明らかですね。

 

You need a taste of your own medicine

「お前は自分の報いを受けるべきだ」

"taste of one's(your) own medicine"で「自業自得、自ら招いた災難」という意味になります。

 

今回はここまでとなります。この曲では、比較的なマイナーなイディオムがたくさん使われているので、何も知らずに、単語のまま訳そうとすると、意外と歌詞を理解するのは難しいかもしれませんね。

おすすめ記事