AmPm (アムパム)というアーティストをご存じでしょうか。日本人のDJユニットで、音楽ストリーミングサービスSpotify上で世界的な人気が出ているアーティストです。

 

海外では人気は高いですが、日本ではまだまだ知名度は低く名前も聞いたことがない人が多いと思うので、今回は彼らの正体について紹介していきたいと思います。また、最後に曲から英語フレーズも紹介します。




AmPmの正体って?覆面ユニット?

引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53166

冒頭でもすこし触れたように、AmPmというアーティストは日本人のDJユニットで、エレクトロで心地よいサウンドになっています。

 

彼らは覆面ユニットとして活動しており、名前はそれぞれ右、左と名乗っており、謎の多いアーティストとなっています。Yahooニュースの一部に彼らの情報があったのでそれを引用します。

 

34歳の「右」は、20代で起業し、中国でビジネスを展開していた敏腕経営者。40歳の「左」は、大企業の元営業マン。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/feature/1158

 

彼らは2017年3月にSpotify上でリリースしたデビュー曲「Best Part of us 」をいきなりスマッシュヒットさせます。

 

元々無名アーティストでスタートしながら2018年12月現在では、その曲はすでに1900万回以上再生されています。これはSpotifyの日本人アーティストでは最高です。

 

なぜ、そんな人気があるの?

 

彼らの人気は楽曲の良さだけでなく、緻密に計算されたマーケティング手法が関係しています。海外チャートで上位にチャートインしているリズムなどの音楽パターンを研究し、

 

需要に合わせたタイミングで曲をリリースしたことや事前にキュレーターと呼ばれる良質な音楽をメディアに配信する人たちに向けて広告を出したことがヒットに繋がったようです。

 

新時代のアーティスト

彼らはバイラルチャートといってSNSでシェアされた反響によって決まるランキングでも上位を獲得し、そこでアメリカでの人気も獲得しました。それはSNSがいかにメディアとして強い影響を持ち始めたかということを表していると思います。

 

日本ではSpotifyやSNSを使った音楽ビジネスというのは、まだそこまで確立されていませんが、近いうちにそういった動きが日本でも訪れるのではないでしょうか。

 

Best Part of Usってどんな曲?


これは先ほども少し紹介しましたが、彼らのデビュー曲であり現時点での最大のヒット曲となっています。この曲では、別れた恋人に対していまだに未練をもっていることを歌っています。

 

フレーズ紹介

It’s been a while since the storm baby

「嵐からしばらく経ったな」

"It's been a while" でしばらく経ったことを表すのですが、ここで後ろにsinceが続いているので「嵐からしばらく経ったな」という意味になります。It's been a whileだけで使われることがよくあり「久しぶり」という意味で使えます。

 

日本人は久しぶりという意味で"Long time no see"を使う人が多いですが、あまりネイティブが使う表現ではないので、上記の表現を使うのがよりナチュラルな英語になります。

 

I fucked up our possibilities

「おれたちの可能性をつぶしちまった」

fuck upで「台無しにする、失敗する」という意味で、大失態をしてしまったときに使う表現です。fuckというあまりよろしくない単語ですが、この表現が非常によく使われるポピュラーなものなので、もし何か大きな失敗をしてしまったときは使ってみてください。

 

 

では、今回はここまでとなります。是非彼らが日本でブレークする前に友達に紹介してドヤ顔をしてやりましょう。

おすすめ記事