アラニス・モリセットの代表曲「Ironic」を紹介します。僕はなぜか、この曲をアヴリル・ラヴィーンの曲だとばかり思っていました。

 

というのも曲の雰囲気が初期アヴリルにかなり近いと思います。実際は彼女の方がアヴリルよりも先に活躍しているので、むしろ彼女がアヴリルに影響を与えているんでしょうけど、僕のような後追い世代は時系列が逆になりがちです。

 

では、彼女の紹介をしてから、曲及び歌詞から使える英語フレーズを紹介していきます。



アラニス・モリセットって?

引用元:www.grammy.com

カナダ出身のシンガーソングライターで、現在はロサンゼルスに移住。上記でも触れたアブリルと同じカナダ出身なので、アブリルが強い影響を受けるのも無理はないですね。

 

デビューは早く彼女が高校生のときで、アルバム「Alanis」でデビューを飾りました。カナダ国内のみのリリースでしたが、このアルバムは大ヒットしました。

 

その後、活動の範囲を広げるためにアメリカ・ロサンゼルスに活動の拠点を移し、満を持してリリースしたアルバム「ジャグド・リトル・ピル」が世界的に大ヒットし、一躍有名アーティストに仲間入りしました。

 

その後もヒット作に恵まれ、全世界アルバムトータルセールスは6000万枚を超えています。(Wikipediaより)

Ironicってどんな曲?

アルバム「ジャグド・リトル・ピル」に収録された曲で、数ある彼女の曲の中でも最も知名度の高い曲となっています。

 

タイトル「Ironic」とは"皮肉"を意味し、歌詞の中では色んな不運に見舞われた人を皮肉的に描写しています。

 

例えば宝くじに当たった老人が次の日に死んじゃったり、結婚式の日に雨だったり、タバコを吸おうとしたら禁煙だったりと、

 

人生って所詮気まぐれだよねって皮肉を飛ばしている曲となっています。

 

うんざりしてるようでどこか開き直ったスタンスで、この曲を聴いていると少し元気をもらえる気がします。

 

では、そろそろ歌詞からフレーズを紹介していきます。

An old man turned ninety-eight
He won the lottery and died the next day
It's a black fly in your Chardonnay
It's a death row pardon two minutes too late
And isn't it ironic... don't you think

It's like rain on your wedding day
It's a free ride when you've already paid
It's the good advice that you just didn't take
Who would've thought... it figures

Mr. Play It Safe was afraid to fly
He packed his suitcase and kissed his kids goodbye
He waited his whole damn life to take that flight
And as the plane crashed down he thought
"Well isn't this nice..."
And isn't it ironic... don't you think

It's like rain on your wedding day
It's a free ride when you've already paid
It's the good advice that you just didn't take
Who would've thought... it figures

Well life has a funny way of sneaking up on you
When you think everything's okay and everything's going right
And life has a funny way of helping you out when
You think everything's gone wrong and everything blows up
In your face

A traffic jam when you're already late
A no-smoking sign on your cigarette break
It's like ten thousand spoons when all you need is a knife
It's meeting the man of my dreams
And then meeting his beautiful wife
And isn't it ironic...don't you think
A little too ironic...and, yeah, I really do think...

It's like rain on your wedding day
It's a free ride when you've already paid
It's the good advice that you just didn't take
Who would've thought... it figures

Life has a funny way of sneaking up on you
Life has a funny, funny way of helping you out
Helping you out

作詞: BALLARD GLEN, MORISSETTE ALANIS NADINE

フレーズ紹介

It figures

「やっぱりね」

It figures”は決まり文句で「やっぱり」「なるほど」といった意味があります。似たフレーズで、意味がわかるというニュアンスの"That makes sence"も頻繁に使用されています。

 

 

Life has a funny way of sneaking up on you

「人生って変な形で私たちの人生に忍び寄ってくるよね」

"sneak up on"で「こっそりと忍び寄る」という意味で、相手にばれないように近づく際に使われる表現となっています。"sneak"だけの場合は単に「こそこそする」という意味になります。

 

 

今回はここまでとなります。

 

関連キーワード
おすすめ記事