微笑む女性

 

日本でもレディファーストという言葉はよく聞きますよね。でも、英語で正しい発音で使えている人は非常に少ないと思います。

 

まずこれは英語だと

Ladies first

 

そもそも単数のレディーではなくレディーズです。

これは言う女性の方が一人であっても、常に複数形です。

 

あとは発音にも注意が必要です。

Ladyのは発音は2重母音となり

カタカナでいうならレイディーのような発音になります。

 

Firstもカタカナでそのままファーストと言うと、

早いという意味のFastに近い発音になってしまうので、

ァーの部分は舌を少し巻き発音することが大事です。

 

カタカナと英語を交えて発音するとしたら、

レイディーズファR-ストゥって感じでしょうか。

 

 

 

また、同じようなシチュエーションで使えるフレーズを2つ程紹介します。

 

 

「After you」

「お先にどうぞ」

直訳すれば「あなたの後」ですが、日本語で言う「お先にどうぞ」がニュアンスとしてはピッタリでしょう。

これは、女性男性関係なく誰にでも使えます。また、丁寧な表現なので色んな場面で使えます。

 

「Go ahead」

「先に行って」「始めて」

これも何か人譲るときに使えるフレーズですが、Goが文頭にきていることもあり、人によっては、少し強い表現に聞こえるかもしれません。

 

友達や部下に言うのであれば、すごく自然ですが、知らない人に言うのであれば、Pleaseを前につけるか、先ほど紹介した「After you」が無難かと思います。

 

 

あまり英語が話せなくても、ふとした場面でこのようなフレーズを言えれば、外国人の方はあなたに好意を持ってくれるのではないでしょうか。

おすすめ記事