考え込む男性

英語で誰かに話しかけるときに、「I need to talk to you」というフレーズを使っていないでしょうか。ドラマや映画を見ていても、よく聞くフレーズではあるのですが、使い方には注意が必要です。

 

これは何か深刻な場面や、今から良くないことを言う前置きとして使われることが多いです。

 

例えば恋人同士で、別れ話を切り出すときや上司が部下に何か良くないことを指摘したり、最悪の場合だと、クビの宣告だったり・・・ちなみに、主語がWeであっても同じようなニュアンスになります。

 

必ずしも悪い意味で使うわけではありませんが、基本的に重要なことを話す場合に対して使われます。

 

指でピンされそうな男性

 

なので、普通に話しかけたい時は

Can I talk to you for a sec?

Do you have time?

 

などのフレーズがベターだと思います。

 

 

Do you have the timeの正しい意味を知ってる?

 

少し脱線しますが、上記で挙げた

Do you have time?

Do you have the time?

 

の違いは知っているのでしょうか?

theがあるかないかだけですが、意味は異なります。

 

勿論、上の ~have timeの方は

「お時間ありますか?」

という意味なのですが、

 

theがついてる方は

「今、何時かわかりますか?」という意味になり

時間を聞くときのフレーズになります。

時計

なので、"Do you have the time?"は"What time is it?"と同じように使えます。

 

Theがあるかないかという小さな違いですが、意味が全然違いますね。これはWhat time is it ?より丁寧な表現で、知らない人に時間を聞くときに使えます。

 

なので、家族や友達に時間を聞くときであれば、What time is it? と聞くのが自然なります。

おすすめ記事